1. ホーム
  2. 沿革

沿革

昭和

37年(1962) 東京フード(株)創立
42年(1967) 全日本食品VC連合結成(6VC結成 166店)
43年(1968) 全日本食品株式会社と社名変更(6VC合併)
51年(1976) 東京都足立区入谷に移転
52年(1977) 四国本部開設
53年(1978) 全日食チェーン協同組合設立
54年(1979) 北九州地区本部、南九州地区本部開設
55年(1980) 東九州地区本部開設
POS導入実験開始
56年(1981) EOSシステム実験開始
道東地区本部、中九州地区本部開設
57年(1982) 北海道地区本部開設
58年(1983) 創業社長 山田 清之亮 死去。龍井 昇 代表取締役社長就任
59年(1984) POS高度化事業承認、POS設置開始
アメリカAG社と技術提携調印
62年(1987) 田中 彰 代表取締役社長就任。龍井 昇 取締役会長就任
沖縄事業所開設
63年(1988) 四国地区本部センター 竣工
全日食チェーン協同組合 東京都中小企業団体功労者賞を受賞

平成

元年(1989) 道央事業本部 新センター竣工
02年(1990) 東北地区本部開設
03年(1991) (株)エムシーフーズ(加盟店250店、年商240億)と合併調印
04年(1992) VC-POS協議会発足
05年(1993) 関西事業本部開設
Vショップチェーン協同組合 業務提携調印
06年(1994) 中小小売商業者経営基盤強化のためVC6チェーンにより(株)商いネット設立、VC-POS推進業務開始
北陸事業本部、東海事業本部設立
07年(1995) (株)ボランタリー・マーチャンダイジング・ネットワーク(VMN)発足
08年(1996) 全日食チェーン商業協同組合連合会設立
09年(1997) (株)商い物流設立
新潟地区本部開設
10年(1998) 中国本部開設
11年(1999) 島根地区本部開設
全日食チェーン関東協同組合 農林水産大臣賞を受賞
12年(2000) 全日食チェーン首都圏センター本格稼働
長野地区本部設立
13年(2001) 東北センター(盛岡市中央卸売市場)稼働開始
太陽酒類販売(株)稼働開始
創業40周年躍進チェーン大会を開催
齋藤 充弘 代表取締役社長に就任。田中 彰 代表取締役会長に就任
14年(2002) 開発商品の本格的取り組み開始
長野と愛媛に協同組合設立。全国16組合体制になる
15年(2003) グループ開発商品「モアセレクト」の展開始まる
地区本部を支社・支店に呼称変更
太陽酒類販売(株)と北海道太陽酒類販売(株)を合併
16年(2004) 協同組合セルコチェーンと業務提携
医薬品部を立ち上げ、協同組合FADへの商品供給開始
食品系ボランタリーチェーン8チェーンによる酒販ネットワーク稼働
商いネット(株)、全日本食品(株)と統合
17年(2005) 東北協同組合 農林水産省食品産業優良企業等表彰受賞
全日食本社及び首都圏センターISO 14001取得
生鮮シンジケートモデル実験開始
北海道のいちまる、志賀綜合食料品店および医薬品VCのジョヴィと業務提携
新潟協同組合 農林水産省食品産業優良企業等表彰受賞
18年(2006) 全日本食品(株)と、(株)VMN、(株)商い物流、太陽酒類販売(株)の3社が統合合併
関東支社設立
関東でフレッシュネットワークシステム稼働
九州協同組合 農林水産省総合食料局長賞受賞
19年(2007) 全日食次期システム「ハート・ワン」順次導入、稼働始まる
世界的小売り・卸・メーカー連合組織IGAに参加
「新・商品施策」スタート
20年(2008) 資本金を17億6000万円に増資
第9次5カ年計画スタート
21年(2009) 資本金を18億円に増資
22年(2010) ミスターマックス、花正など6社と「プロ商材仕入協議会」を立ち上げ
本部主導型店舗の展開を開始
23年(2011) 全日食チェーン北海道協同組合 農林水産大臣賞を受賞
東日本大震災で東北・茨城の加盟店14店が被災
西日本広域センターを閉鎖し、関西、北陸、中京にドライセンターを設置
ZFSPが「日経コンピュータ」誌主催「IT Japan Award 2011」の準グランプリを受賞
全日食創業50周年記念躍進チェーン大会を開催
「進・新・商品施策」スタート
24年(2012)
北海道のVCであるHGCグループ
(旧北海道グローサリーチェーン)が全日食に合体
25年(2013)
平野実 代表取締役社長に就任
齋藤充弘 代表取締役会長に就任
第10次5カ年計画スタート
茨城県大子町にマイクロスーパー1号店オープン
九州 新鳥栖センター稼働
26年(2014) AJD(オールジャパンドラッグ)と業務提携
北海道支社移転、北海道道央新センター稼働
九州 鹿児島センター稼働
JA全農(全国農業協同組合連合会)と業務提携
27年(2015) 『全日食チェーンの取組み』が「データサイエンスアワード2015」
最優秀賞を受賞