加盟店オーナーインタビュー

トップ > 加盟店オーナーインタビュー

1日の売上がリアルタイムに見られるので、それを見ながら従業員が自発的に何を売ればいいのか考えるようになりました!

鳥取県 西伯郡大山町 エム・マート 箕島専務・常務

ささやかに地域の人が喜んでくれるようなお店作りを目指しているエム・マート。
加盟のきっかけ、実際に加盟しての感想をお聞きしました。

単独店が今後生き残っていくには大きな組織に入らないと生き残れない!?

創業と加盟までの経緯を教えて下さい

専務:
元々衣類や雑貨などを扱う小さな店をやっていましたが、昭和63年にこの土地で新しくスーパーをオープンしました。当時は周りは田んぼだらけで心配もされましたが、周辺の開発も進み、お客様もついてくれました。全日食チェーンには15年前に社長の決断で加盟をしました。当時は、売上もそこそこあって利益も出ていましたが、社長は、「単独店が今後生き残っていくには大きな組織に入らないと生き残れない」と危機感を持っていました。なぜ大きな組織かというと、情報を得るためには単独で得る量は知れていますので、多くの情報を得るためにチェーンに入ったと言っていました。

決断が正しかったなというのは、年月が経つごとに確信に

全日食チェーンに加盟されていかがでしたか?

専務:
実は、当時は社長以外の従業員は全員全日食チェーンへの加盟を反対していました。従業員からするとチェーンに入ることによって、今までの常識がひっくり返されていく感じがするんですよね。利益も出ていましたので危機感もありませんでした。当時は私も分からなかったのですが、社長の決断が正しかったなというのは、年月が経つごとに確信に変わっていったという感じがしています。今はもう入っていなかったらどうなっているんだろう、という方が恐いですね。今のこの形はなかったのかもしれないなと思ったりもします。それぐらい全日食に入ってよかったなと今では思います。

ロットも少なくて安い値段で発注できる

全日食に加盟して仕入れはどのように変わりましたか?

専務:
仕入れの面で言いますと、1個単位、2個単位と少ない数から発注できるところが助かってます。また、問屋さんと違うところは、問屋さんはセールスの方や問屋さんが売りたい商品、これを売ったら問屋さんが儲かりますよ、みたいなものを売ってきます。しかし、全日食さんが勧めてきてくれるのは、あくまでもお店のための、これが売れていますよ、というお客さんが求めているものを教えてくれます。それでいてロットも少なくて安い値段でいただけるということが助かります。

商品登録をせずによくなったということが一番よかった

全日食チェーンのシステムを導入してよかった点は何ですか?

専務:
全日食のPOSは8年前から使っていますが、商品登録をせずによくなったということが一番よかったです。以前は新規商品の登録にすごく手間がかかっていましたが、全日食のPOSは過去どこかの加盟店で販売があれば既に登録されているので、自分達で登録することはほとんどありません。たばこの値上げなども全部本部でやってくれていました。

常務:
各部門の1日の売上がリアルタイムに出てきますので、従業員はそれを見ながら、昨対であと1万足りないので何を売ろうか、と自発的に考えて行動しています。リアルタイムに数字を見ることで、何かしら自発的に考えて、どうしたら去年を超えられる売り上げが作れるか、ということを自分たちで考えるようなきっかけになりました。以前は私があれやってこれやって、という指示が多かったので大きく変わりました。

押し付けや、強制のない「全日食を活用してお店さんがよくなればいいですよ」というスタイル

全日食チェーンの最大のメリットは何だと思いますか?

専務:
やはりサポートと情報だと思います。また、全日食から「こうしてください」と押し付けて来ないですし、強制もありません。あくまでも「全日食を活用してお店さんがよくなればいいですよ」というスタイルでして、いいところだけを取ってくださいね、という感じだったので取り組みやすかったです。

常務:
私は3代目になるのですが、これから時代を生き抜いていかないといけない中、一人だとやはり不安を感じます。ですが、全国で同じような商売をされている若い世代の人たちと関わることで元気を貰ったり、こういうやり方があるんだということを教えて貰ったりすることが今できているので、そういう人たちと関わることで原動力になっています。
もう一つは、SV(スーパーバイザー)の方を通したフォローにすごく助けられています。私が1年半ぐらい育児で離れなければならなかったのですが、その間、SVの方を通して定期的に従業員にアドバイスをして頂きました。売り場や企画作りなど従業員だけで考えるのは難しい点をサポートして貰いましたので、本当に感謝しています。

ささやかに地域の人が喜んでくれるようなお店に

今後、どのようなお店を目指していますか?

専務:
私はやはり、本当に地域に密着した、エム・マートがあってよかったね。今日もエム・マートで買い物ができてよかったね。何か美味しいものがあったね。というように、ささやかに地域の人が喜んでくれるようなお店になりたいなと思います。

常務:
今は人の繋がりが薄い時代ですが、私達は人と人が関わる商売なので、子供のレジ体験なども取り組んでいます。小学校の子で、夏の自由研究にしてくれた子供ももいて、すごく私も嬉しかったです。また、食べ物を販売させてもらっているので、個人的には食育というものを地域の子供たちであったり、町民の方と一緒に何かできないかと考えています。地域に根付いたお店なので、他の店舗がしていない、できないようなことにも取り組んでいきたいです。

鳥取県 西伯郡大山町 エム・マート
開業
1988年
全日食チェーン加盟
2003年
加盟店の声一覧を見る

加盟を検討中の
オーナー様へ

まずは是非お問合せ下さい!

WEBでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

加盟に関する
専用ダイヤル

平日 9:00 ~ 17:30
(土・日・祝日・夏季休暇・年末年始を除く)